SERVICE 01ホームページ製作

webの活用方法は?
システムやITツールはどう選ぶべき?
さまざまなお悩みに応えます

SERVICE 01

企業サイト、メディア・情報サイト 
企画から公開までお任せください

  • #費用の規模
  • #サイトの機能
  • #技術的な知識
  • #必要な人員数
当社のサイト、どこまで
自分たちでやればいいの?
どのようなサイトを何のために作るのか、まずはその話から始まります。掲載するすべてをこちらで作成することもできますし、会社でお持ちの資料をご提示いただくこともできます。あらかじめご希望を聞かせていただければサイト設計の段階で加味いたします。
  • #レスポンシブ化
  • #セキュリティ対策
  • #メンテナンス
  • #アクセス解析
セキュリティ対策は
どの程度必要ですか?
マルチデバイス対応(スマホ/タブレット/PC)が必須です。ドメインやサーバーもセキュアでなければなりません。公開後の更新や管理も初期設計に必要な判断です。5年もたてばリニューアルの必要も出てきますので、合理的な計画をご提示します。

重要なサーバー選びと、システム
開発の是非や内容の見極め

  • #ドメイン取得と更新
  • #レンタルサーバー選び
  • #情報の管理と共有
  • #システム構築
自動で表示されるサイトは
ラクそうでいいなぁ
word pressなどCMSの利用からオリジナルのシステム開発まで対応します。当社では料理レシピサイトの制作と月々の運営を10年以上経験しています。検索できるサイトを作るためには、選ばせる条件の定義づくりから設計せねばなりません。また、仕様を足し増ししやすい、すぐに復旧できる、重要な情報は分散させる、など様々な構築についてご提案できます。

SNSやブログは「集客」と
「広告収入」と多機能な存在

  • #ツールの使い分け
  • #タイムラインの埋没
  • #自社情報への誘導
  • #情報の整理
SNSとSEOで手いっぱいで
うまく回っていません
そのようなサイトほどコンテンツの中身が手薄です。自社サービスに直結したニーズに応えるコンテンツで誘導しましょう。記事は制作代行に、SNSの書き込みは社員が部署別に、ブログは社長が書いてます、といった会社の多いこと。誘導のリンクがない、社名が書かれていない、などの片道通行も散見され、本当にもったいないサイトが多いです。

更新すればするほど情報が見えにくくなるのがSNS

SNSは仕様が決まっており経緯が分かりにくいのがデメリットです。当社ではSNS疲れを少しでも軽減するための環境づくりとして、特にフリーランスや副業の方などにご活用しやすい「マイページサイトサービス」を提供しています。こちらも併せてごらんください。